お客様の声 症例改善報告

腰痛や椎間板ヘルニア、うつ病等の症例改善をご紹介

当院で治療を施し腰痛や肩の痛みなどが改善した例や、心の病等が改善した例などをいくつかご紹介します。
この他にも岩手・東北各地の方々が来院され、症状が改善された例も数多くございます。
「病・痛・心」でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

岩手 18才 男子
東北高校選手権ハンマー投げの選手で大会一週間前に腰痛、両足の痛みがあり記録が伸びないと来院。1回目の施術で痛みはほとんど無くなる。2回目の施術で身体の重心、左右のバランス調整、大会のプレッシャーが強い為ストレス遮断、そして楽しんで投げられるよう脳内へインプットする。大会当日の記録では高総体より4m50記録が伸び自己ベストでインターハイ出場を決める。 新聞には「身体の軸が左右に片寄らずバランスが良かった、投げれば投げるほど記録が伸びた。」と、掲載された。
岩手 56歳 男性
1ヶ月前から右肩後ろと右前腕に痛苦しさを自覚し整形外科にて診断したところ頚椎(首の骨)5・6間と6・7間にヘルニアとの事。何度か牽引の治療をうけたが症状に変化が無く、夜腕や肩が重苦しく痛み眠れず朝起き上がると激しいめまいに襲われる状態。施術1回目で夜は熟睡できる状態になり、昼間の肩腕の痛苦しさは仕事の為多少残るが、12日間で5回通っていただきどの症状も気にならなくなった。今度少しでも気になったらすぐ連絡するよう伝えて一まず打ち切りとしたが1ヶ月以上経っても連絡が無く経過良好と思われる。
岩手 9才 男子
幼児期から喘息で薬漬けの生活、学校は休みがちで入退院を繰り返す。当院で免疫機能活性法をし体質改善の施術を行う。自己免疫力がどんどん高まる。呼吸の拡大をすると「ヒーヒー」という音もおさまってくる。 校内の水泳記録会、マラソン大会に元気に出られるようになり家族も喜んでいる。
岩手 34才 女性
うつ病で自宅にひきこもり全く外の人とは接する事ができなくなった。友達とのトラブルから常にその女性の顔が頭から離れない、恐怖で身体がふるえたり家庭内暴力が続く精神科の薬を5年間服用しカウンセリングを受けるも効果なし。ストレス遮断(その人の顔を思い出せないように)プラスイメージ増幅等実施。3回目の施術で散歩できるほど回復し、その後幾度か来院し現在では仕事ができるまでになり、性格も明るくプラス思考に変わったとの事。
岩手 36才 女性
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)不整脈・動悸・多汗症・体重減少・血圧上昇の症状有、口内炎がひどく食事が出来ない来院。 全身にエネルギー注入。免疫活性法で胸腺仕様ネットワークにエネルギーを5分程注入。甲状腺にエネルギー注入。病気になる以前のストレス・現在のストレスを遮断し気持ちを楽にする。呼吸調整の実施 施術後、血圧正常となる。免疫機能が高まるよう自宅にて冷えピタ療法、気導水等を1カ月間続けるよう話す。施術後2日目には口内炎が改善し食事ができるようになる。その後計4回施術実施し1カ月後にはすっかり甲状腺のはれがなくなり体調が良くなった。
岩手 13才 男子学生(椎間板ヘルニア)
H17.1月凍結時にて両足をすべらせ腰から落下。それから腰痛、右のでん部(お尻)の痛み、右足首の痛み・しびれが強くなる。レントゲン検査にて腰椎4・5番にヘルニアが確認され来院。H17.5.14~16.17,3回目の施術にて部活のサッカーで走れるようになり右脚でボールをけると少しひびく程度にまで改善。また、7回目の施術後の運動会の徒競走では1位となり、授業の際、座ってすぐ腰とお尻が痛かったのが長い時間もつようになり、痛みも我慢できない程ではなくなる。本来ヘルニアであれば、運動・スポーツはストップさせなるべく安静にさせておくのが通常だが若い回復力も手伝って短期間にて完治した。
岩手 78才 女性(心臓肥大による背部痛)
夜就寝時、左の胸から背部にかけて痛み、痛み止めの薬を常用していた。ろっ骨の間をくまなく手で探り左痛部にエネルギーを流し痛みをひとつひとつ取ってゆき、仕上げに免疫活性法で胸腺仕様ネットワークにエネルギーを3~5分注入。問診にてくよくよする性格でストレスをかかえているとの事なので、無言カウンセリング・ストレス回路遮断法を実施。施術後顔色もよくなり、自分で触って痛かった胸まわりが痛くなくなり喜んで帰られる。5回目の施術に来られた時にはすっかり夜痛むことなく眠れるとの事。
Link
Blue daisy
原中整体院ブログ